大正池の枯れ木と同じ。こりゃ自然破壊だね。牧場はまあ、500ヘクタールから3000ヘクタールぐらいある。1000ヘクタールないと経営は苦しい。30000町歩の大地主といっても別 に出羽の本間家みたいな存在ではなくてフツーの牧場主である。その牧場がジャングルを切り開いて、アマゾンの自然が明日にもなくなっちまう、みたいな記事が日本では相変わらず歓迎されているようだが、もうずいぶん昔に書いたが場所がいつもサンパウロの新聞記者が行きやすいところだ、というフシギ。森林保護のNGOなんてのもずいぶんインチキな団体が多いのであって、こういう情報を世界に発信してメシを喰っている、という事実も反面 あるんだが、そういうことは報道されない。しかし、この世はすべて商売、みたいなものなんで、あんまりバッチリお涙ちょうだいみたいな都合のいい報道はうのみにしないで、気を付けよう。 タタカイは報道されないところで熾烈ではあるがね。

デジカメアマゾンの目次にもどる

home